交渉の余地ありませんか?賃貸物件をお得にする方法

賃貸物件も交渉する時代

新生活や転職など、引越しをするために賃貸を選ぶとき、やはり気になるのがいくらかかるかということですね。引越し代以外に、敷金、礼金、月々の家賃と、考えなくてはいけない出費で頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。できるだけお得に賃貸物件に住みたい、と思う人は、大家さんや不動産会社に値引きの交渉をしてみましょう。しかし、何でもかんでも値引き交渉をすると嫌われて、後々まで遺恨を残すことになりかねません。では、どんな値引き交渉をすると良いのでしょうか。

まず、礼金の値引きを交渉してみよう

そもそも、礼金とは何でしょうか。それは、大家さんに対して「貸してくれてありがとうございます」という意味で払うお金なのです。退去後のクリーニング代などに充当される敷金や、不動産会社に支払う仲介手数料の値引き交渉をすると嫌われることになりかねませんが、礼金を払うのは慣習のようなものです。礼金であれば、値引き交渉に応じてもらいやすくなります。駅から遠かったり、築年数がかなり経っている、長く空き室になっているといった物件を持つ大家さんにしてみれば、せっかく現れた借り手候補を逃したくありませんよね。ですから、そういった物件を借りようと思う人は積極的に交渉に出てみる価値があるのです。

月々の固定費もお得にできないか?

最近は、入居する前に家賃の減額交渉をする人が増えているそうです。毎月かかる費用ですから、できるだけ安くしたいのは分かります。だけど、無茶な値下げ交渉をしても、「では別の所を借りてください」と言われるだけです。値下げ交渉をするときには、まずその地域の相場を調べましょう。相場通りか相場より安い物件であれば、値下げ交渉は難しいでしょう。また、借りることを前提にした交渉をしましょう。値下げ交渉をする際、5000円以上値切ろうとするのは難しいので、あまり欲を出しすぎずに、謙虚にお願いすることが大切です。「他の物件と迷っているが、あと1000円家賃を下げてくれたらこちらに決めます」というように、下げてくれたら必ず契約するつもりで交渉するべきです。

森の賃貸では、ファミリー向けの物件も豊富に存在しており、ゆとりのある間取りで快適な生活を送ることができます。