外壁のリフォームを行うにはどういう方法があるか

判断の目安になることとは

住宅建物は長年の間に渡って風雨にさらされたり太陽光線を浴び続け、色々な部位も収縮を繰り返します。建物を長持ちさせるには毎日の保守管理も大切なことです。もし外壁面にクラックなどが生じていると、そこから雨水が浸入して雨漏りを生じたりするものです。外壁に限らず、外壁とサッシ回りの間のシーリングが劣化してきた場合には同じく隙間が生じて雨漏りが生じる場合があります。外壁のタイルやモルタルに浮きが生じる場合もあります。こういう場合にはそれが剥がれて外壁の断片が落下して通行人に怪我を負わせることもありますので注意が必要です。

これらを検査する方法とは

外壁のモルタルやタイルの浮きなどをどうして発見するかという問題があります。一般的には外壁をハンマーで叩いてその打音の違いでもって判断する場合が多いものです。その際に建物周りの敷地に余裕が無くて外部足場を組めない場合もあります。そういう場合には赤外線カメラを使って外壁の表面恩度の違いによって浮きを判断する方法があります。表面温度が低ければ青や橙色で表示されますが、さらに高い温度のところは赤色で表示され、ここに浮きや剥がれが生じている可能性があります。

外壁リフォームの種類について

外壁をリフォームするには、塗装の場合には耐久性や価格によってその種類を選ぶことが出来ます。耐久年数が約4年のアクリル系の塗装があります。それよりも長持ちする耐久年数が5、6年のウレタン系塗装があります。さらにはシリコン系塗装であれば約12年ぐらいは持つとされています。そしてフッ素系の塗装であれば20年以上持つとされています。アクリル系からフッ素系に向かうほどその費用も高くなって行きます。それ以外にも違う材料で施工するとか、光触媒塗装と呼ばれるものがあり、これは太陽光や雨水によって自ら表面の汚れを洗い流す効果を持つ方法のことです。

外壁塗装を千葉で手掛ける専門業者の場合、使用する塗料や施工技術などに多くのこだわりを持っており、安心して施工を任せることができます。