保証人はいつ必要?賃貸住宅を借りる時の保証人について

賃貸住宅を借りる時に欠かせない保証人

新たに賃貸住宅を借りたいという時には、保証人は欠かせない存在となってきます。特に不動産は毎月数万もの家賃を払うことになり、さらに貸主にとっても不払いのリスクなどがある為、賃貸契約を結ぶ時には借りたい側は保証人を用意しなければならなくなっています。保証人については一人ないし二人で、比較的高額の物件を借りる時には二名必要になってくるケースもあります。ただ、一般的なアパートなどの場合は保証人は一人で良い事が多いです。

賃貸契約を始めて結ぶ時に必要

そして、その方承認についてですがいつそれが必要となってくるかというと、新しく賃貸契約を結ぶ時です。賃貸契約を結ぶ時には賃貸契約書に借りたい方の名前だけでなく、保証人のサインや印鑑が必要となります。ですので賃貸物件を借りられる方はその保証人にサインや印鑑を押してもらえるように予め伝えておいたり、準備をしておくとよいでしょう。本人と保証人のサインと印鑑が揃って、契約書に不備がなければそこで賃貸物件の契約が完了します。

契約更新の時にも再度必要となってくる

新しく賃貸契約を結ぶ場合以外にも、必要となるシーンもあります。それは契約更新をする時です。賃貸契約は数年おきに、物件の火災保険の再加入や更新契約が必要となってきます。一度契約を結べば、後は何もしなくてもずっと住み続けられるという事はないので、賃貸物件を借りられるという方はその点には気を付けて行くと良いです。特に保証人と中々連絡が取れなかったり、住んでいる場所が離れている方はそのコンタクトも難しくなりますし、書類を送ったり送り返してもらうのに時間がかかるので準備が必要になります。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、仕事の都合などで急に転勤になってしまっても、いつでも引っ越すことが可能になっています。