人事ではない!あなたの家の外壁は大丈夫ですか?

建てた時から付き合いが始まるマイホーム

夢のマイホームを建てるまでに流した汗の量は相当なものだと思います。そして念願のマイホームを建てて満足感の高い毎日をお過ごしのことと思います。家を建てるまでが一番大きな目標という人も多く、家を建てたことによる達成感に浸ってしまい大切なことを忘れてしまいがちです。家は建てた時から長い付き合いが始まります。そして、どのように付き合っていくかによって将来が大きく変わってきます。頑張って建てた家ですから大切に付き合っていきたいものです。

居住年数とともに家にも変化が

家を建てて年数が経過すると次第に変化が出てきます。変化とは、年月の経過によって住宅の性能に影響を及ぼしてくる変化のことです。その変化で特に気を付けておきたいのが家の外回りです。新築時には新品だった屋根や壁などが年月の経過によって次第に劣化してきます。外回りの劣化とは防水性能の低下を意味します。防水性能が低下すると雨や風などの影響を受けて次第に家の内部に水分が入り始めます。水分が入り込むと内部に湿気が溜まります。

防水性能を蘇らせる外壁塗装

屋根や外壁の低下した防水性能を蘇らせるためにするのが、屋根や外壁の塗装です。屋根の塗装についての認識は一般的に持たれていますが、外壁塗装については屋根ほど定着していません。外壁も屋根と同様に屋外で風雨にさらされていますから塗替えが必要となります。一番良いのは、屋根の塗替え時期に壁の塗替えも一緒に検討することです。将来同じタイミングで両方のメンテを行うような計画をするのが結果的に低コストですむことに繋がります。

アパート塗装なら千葉が最適です。塗料の種類が豊富ですし、正式に取引を始める前に必ず正確な見積を提出するためです。